Top | RSS | Admin

2006.01 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 » 2006.03



スポンサーサイト
--/--/-- --:-- |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
___________________________
スポンサー広告


この文章で何人の女子供を敵に回すか。
2006/02/27 18:30 |
この前の正解は②でした。落ちは無いです。ごめんなさい。
ローソンは辞表だしても受け取ってもらえません。朝勤2人しか今いないからね。私いなくなったら1人だもん。辞めさせてもらえるわけなし。

明日は東京鼠公園に行って鼠に飼われている哀れな犬を救出しに行こうと思います。あと、赤服のグリスリーの下腹部丸出しをなんとかしてこようと思います。露出狂熊めが。箱根の熊は全裸でしたがね。
友達が言ってたんだけど、今は王女祭だよ。シンデレラも白雪姫も観たことないのにー。あと、シンデレラ城がえらいことになってるんだって。キラキラらしい。本能寺の変になってしまえ。電球が引火、みたいな。見てみたいわ。

罵っている様に思えるかもしれないけど、素直に楽しみだよ。おいしいもの食べてきて、スプラッシュマウンテン、ビックサンダーマウンテン、スペースマウンテンには3回ずつ乗ろう。問題は、明後日の朝勤に元気を残しておけるかどうかだ。おそらく不可能・・・。そうなったら夜勤軍に頼もう!

ちなみにおいら、ダンボがディズニファミリのなかで1番好きっす。脚光に浴びませんがね。あと、トム&ジェリーもよくビデオで観てた。バンビもかわいいよ。
スポンサーサイト
___________________________
未分類 トラックバック(0) | コメント(5)


早くも花粉症の兆候がぁ!!
2006/02/26 02:12 |
くしゃみ止まらないよ。ちきしょうめ!
GINなくなったよ、ちきしょうめ!
ビール飲むしかないね、うーーーん、うまいわ。
___________________________
未分類 トラックバック(0) | コメント(0)


なんでローソン売ってないの、ペリエ。わざわざファミマで買ったよ。
2006/02/26 02:02 |
GINでほどよくどころかかなり酔ってます、ラフランスです。
なんか朝勤ないって思うと「これは呑まなくては!」って思っちゃうんんですよね。一人酒ビバ☆どんなに酔っても誰にも迷惑かけないしね。ってかジョナのシフト鬼だよ。ありえなく入れられてるよ。うんこだよ。さて今日はどんな失敗したでしょうか?
①小岩井野菜ジュースをこぼす。
②カムカムジュースをこぼす。
③アイスコーヒーをこぼす。
④かっこいい先輩に恋に落ちる。
⑤辞表を出す。
さぁ、どれでしょう?正解者にはスカイラーク系列の割引券あげるかもあげないかも。さぁ、みんなで、考えよう♪(って最近『世界不思議発見』言わなくなった気が・・・)
___________________________
未分類 トラックバック(0) | コメント(3)


田中圭の最近の活躍ぶりには感心するね。
2006/02/25 18:46 |
映画の帰りに初めてすーふりの職場に行きました。
きちんと働いていました。安心安心♪授業参観に来た母親のような気持ちになれましたね。
そろそろ私の携帯も変え時なので、携帯のモック(っていうんだよね?見本のやつを)を見ながら夢を膨らませてました。3月にはいったらバイトの給料で買おうと思います。
しかし、携帯って高いね。いままで親に買ってもらっていたから値段の心配したことなかったんだよね・・・ビバ世間知らず☆(笑)

そういえば昨日、『東京大学物語』のチケットが1000円で売っていたからどうせ観るから買ったんだけど、私、東京大学物語読んだことないんですよね。映画は漫画と違って視点が村上くんから遥ちゃんになっている上に、監督が作者である江川達也本人だからかなり原作に忠実らしいんで原作を読んでからでないと良さをすべて堪能できないらしい。うーーん、本屋で立ち読みしようと思うけど、江川達也ってエロいから「なんだこの女エロいわー」なんて思われそうで嫌だなぁ。誰か持ってないかしら?貸してほしいわ。きっと実家にありそうだけど、親に「東京大学物語送ってくれ」とも言えないなぁ。エロ漫画だから。
___________________________
未分類 トラックバック(0) | コメント(1)


イヌゴエ
2006/02/25 15:25 |
三本目。渋谷シネ・ラ・セットにて。正直あんまり見る気なかったけど、あるサイトに好評価されてたため、期待して観にいきました。
ちなみにこの主人公の俳優、山本浩司は山下敦弘監督作品(『リアリズムの宿』や『バカの箱舟』)の常連俳優であり、マックのCMやクロマティ高校に出とります。


臭気判定士芹澤直喜は、ある日、製薬会社から日本海の香りの芳香剤の試作品を嗅いであまりの臭さに倒れ、家で目が覚めたら、直喜の父親が数日留守にするからと一匹のフレンチブルドッグを置いていっていた。しぶしぶ預かることにした直喜だったが、次の瞬間「腹へったのぅ、ごっつメシ喰いたい」というドスのきいた関西弁を耳にしてビックリ仰天。直喜はイヌの声が聞こえるようになっていた・・なんてな話。

感想・・・相当笑えます。イヌのしゃべりは笑いをこらえるのは無理!ってくらいヤバい!!めっさ太い関西弁で女の人がみれば「交尾したいのぉ・・」シャンプーしたら「目ぇ沁みるわ・・」だもん!口数があまり多くないからくどくないし。大体動物映画って感動が押し付けがましくって(小学校の道徳の時間に見させられるビデオのような)私は好きになれないんだけど、この映画はそういうところはきちんと抑えてあってで、子供というより大人に対して作っている感じが観ていて疲れなくって良かった。犬自体かわいいし、すごく笑えるし、ラストも感動を抑えてあるけど、きちんと感動が残っているから、この映画、デートに観るには絶対失敗が無い。 ハンサムさんとか好きかも。役者もいいね!山本浩司と村上淳はナイスセレクト!こういう動物系映画は下手な人がやると人間のエゴが丸見えになるから、こういうふうに顔がかっこいいよりもきちんと演技がうまい人をセレクトした点はかなり正解だよ。狙ってる子との初デートにもってこいな映画でした。
___________________________
映画 トラックバック(0) | コメント(0)


楽園 流されて
2006/02/25 14:50 |
はいはい、二作目です。監督は、『心中エレジー』の亀井亨。劇場が渋谷のアップリンクXで、初めて行ったんだけど、ホームシアターみたい!スクリーンの前には20脚(もないかも)くらいおしゃれな椅子が置いてある小さな劇場。おしゃれととるか、こんな経費のかからない劇場に1200円も価値ないだろう!ととるかは人それぞれだろうなぁ(私は後者)


地方局の美人アナ恵利香は、参議院の選挙活動のため、地元の小さな漁村へやってきた。傲慢な態度で選挙活動をする恵利香は、迎えのチャーター船がこないことに苛立ち、漁師の息子、洋平をせきたてて、勝手にボートに乗り込んでしまう。しかしボートは、海の真ん中でガス欠となり、漂流してしまう。そしてたどり着いたのは、無人島。何もしようとしない洋平に恵利香は苛立ち、お互い別々に生き延びようとする・・・なんてな話。

感想・・女って強い、と女である私も恐ろしいくらいに思いました。普通の米映画など、男女がこういう状況に立たされた場合、女は一人で生きていくといいながらも何もできず、男が女を助けながら二人で生きていき、やがて二人は恋に落ち・・みたいになるんだろうけどこの映画は
男女の立場が正反対。女が完全リード。恵利香は、今までにないくらい現代的でパワフルなキャリアウーマンであり、どんな状況でも洋平になかなか屈服しない。(時にはナマコだって食おうとする)さらに、無人島にいた外国人漂流者?見たいな人に身体を売って食料調達。もうモラルとか悲壮感とかまったく捨て去ってる姿は圧巻。セックスされながら飯を貪り食う姿はかなり衝撃的でした。さらに、漂流者がいなくなってから、も、女は自分でいかだを作って帰ろうとがんばる。どこまでも強い。男がロマンティックなことを言って女と無人島に住もうとするけど、女はそんなことに全然傾かず、男を蹴落としてまでも帰ろうとするのはこの映画だけなんじゃない?ラストも恵利香らしくて良かった。
なんか、女の性格とかまでこんなにリアルに描いていて、これをみた男の人は引いたりしないんだろうか?ぜひ男の人に観てもらって感想を聞きたい、そんな映画でした。

___________________________
映画 トラックバック(0) | コメント(1)


転がれ!たま子
2006/02/25 14:17 |
渋谷のシネ・アミューズで鑑賞。思えば最近映画ご無沙汰でした。
岸本加代子って昔からこんな壊れキャラだっけ??与座さんとのラブラブっぷりはいい感じ☆


美容院を経営している母と弟と三人で暮らしているたま子は、外に出るときはいつも父親特製の鉄かぶとをかぶっている。そんなたま子は近所の日進月歩堂の“甘食”が大好き。ところがある日、日進月歩堂のジイちゃんが倒れ手入院してしまった。さらに母は再婚を宣言、父は新たな道へ進む決意をする。こうして“外”と向き合わざるをえなくなったたま子は、大好きな“甘食”を求めて大奮闘!・・なんてな話。

感想・・・映画全体がポップでかわいい!けど笑いだけの映画だと思ってたら甘かった!自分で甘食すら変えなかったたま子は親に「甘食ぐらい自分で買え」といわれるし、そんな親は再婚して話すら聞いてくれない。弟もバスガイドになる夢に奮闘して話を聞いてくれない。唯一一緒にいてくれる猫も家出。いきなり孤独で、変わりたくなんかないのに変わらなきゃいけない状況にたたされる感じは、今の子供の現実に似ている気がする。
たま子はじいちゃんの甘食が食べたいからとじいちゃんの昔の弟子の所に行くんだけど、その人はもう甘食は二度と作らないという。たま子は自分で甘食を作ることを決心(それだけでもそれまでのたま子からしたらすごいこと!)し、その人の弟子にしてくれと頼むのに、女は雇わないと断られてしまう。弟も、男のバスガイドは前例に無いからと、雇ってもらえない。姉弟共々未だに残るジェンダーの壁にぶち当たるのも今の社会を映しているように思えた。
大人になりたくない(変わりたくない)って子供の気持ちと、とかジェンダーの問題とかを入れているのに重たい映画にならないのは、この物語が笑いの要素を根本から取り入れているからなんだろうなぁ。解決の方法も破天荒で笑える。けど、笑いで固めて現実感を入れてない分、下手な青春映画よりもずっと「やろうと思えばなんだってできる」って気持ちになれます。きっと変にリアルな部分を入れてたらただのクサい青春奮闘映画になっててつまんなくなっていたよ。
奥がなさそうでかなり奥がある。この映画は見る価値あり、だと思いました。


___________________________
映画 トラックバック(0) | コメント(0)


ゲレンデに恋して。
2006/02/23 14:59 |
合宿無事終了!みなさんお疲れ様でした。

個人的な感想としてはスノボーが楽しかったわけで、もう一回くらい春休み行きたいと考え中。日帰り旅行でもしようかしらなんて・・・。

二つ目昇進試験は思い出したくないですね。まんまとトラウマをつくられてしまいました。二回目のやつなんて半ベソどころか3/4ベソ。けどちゃっかり待ってる時間居眠りしていたり(一年生気づいてた?)

落語のほうは、降板(漢字合ってる?)をつけるということで緊張&気負いすぎて勢い落語になりましたが、自分では声も出てたし言葉も飛ばなかったから満足。次は自分で決めれるから艶噺で落ち着いた大人な女らしさのある落語でも(笑)ハードル高っ!!

温泉にも浸かったことだし、ホント楽しい合宿でした!

___________________________
未分類 トラックバック(0) | コメント(2)


わーーーー!!
2006/02/17 11:41 |
ファンデがわれて粉々にー!
あー、化粧品って無駄に高いよ。ムカつく。
けど買いに行かねば。
___________________________
未分類 トラックバック(0) | コメント(1)


なんでこんなときバイトあったんだろう。最悪。
2006/02/17 09:59 |
朝からすごい不思議な客がいた。

背が低い、若めな(20代前半くらい)男の人なんだけど、夜勤の人の話だと5時からずっといるらしく、帰ったのは8時半過ぎ。実に3時間半以上いた。
その間、銀行のATMで振込みの残高ばかり見ていた。(1時間以上)
ATMのレシートはすべて捨てない。
さらに、携帯5つ持ち。
買物も、小分けで袋詰めしてくれと、4つぐらいに分けさせられた。(お茶系、パン系、お菓子系、FF系)
クレジットカードが残高が足りないらしく使えない。(出されたけど使えなかったから返却した、所持金が少ないらしく少し商品戻す)
財布の中に、大量の錠剤。

そして・・・ゲキハくんそっくり!!ヤバいくらいに似ている!ロン毛だったけどそれ以外似過ぎ!笑いかけたが、財布の中の薬見たら怖くなったから笑えなくなった。(そして大量の携帯にもひいた)

オーナーの話では、もしかしたら振り込め詐欺かもしれないって言ってた。携帯いくつも持ってるし、残高を見まくるあたりとか・・。そういえばレシートすらきちんと受け取っていたなぁ。あんな場所でよくやるよ(うちのコンビニ警察の向かいだからね)

何事も無くてよかった。本当に。はぁー。
___________________________
未分類 トラックバック(0) | コメント(2)


しまった!今になってロイズのチョコがけポテチが食べたい!
2006/02/15 17:11 |
今気づいた。世間はバレンタイン記事だってことに。
だからちょっとバレンタイン記事。

大学ってこの時期には学校ないからつまらんですね。
私は中学、高校と、女の子と交換しまくってけっこういっぱいもらったし、あげてました。しかし、大学にもなると学校自体が無い=学校の友達と会わない、だから女の子同士であげあうことができません。
去年もなんだかんだこの時期私大の受験ラッシュで(たしか関西の大学を受けていたような・・)バレンタインもクソもありませんでした。
つまり、2年間チョコもらてない!
女がもらう話してどうするんだ!?って思うけど、やっぱりもらうとはしゃぎますよ。おそらく、男の子とは違うはしゃぎかただけど。(女の子はクリスマスのプレゼント交換と同じはしゃぎかただからね)
そんなかわいい高校生時代にもう一度戻ってみたいものです。あの頃は若かった・・!

しかし、今年の調査ではOLの70%が「バレンタインはいらない」と思っているそう。今に無くなってしまうんでしょうかねぇ、この行事。

以上、バレンタインはデート?no!no!ヴィレッジバンガードで本を物色する女、ラフランスでした。

___________________________
未分類 トラックバック(0) | コメント(0)


メイク落とさずに何時間たってるんだろ?
2006/02/15 16:32 |
昨日徹夜をしてしまったから、朝のバイト終わってから寝ていたらこんな時間になってた。うーん、一日の無駄遣い。

最近新しいバイトをひとつ始めた。ウエイトレスさん。
まだ2回しか入ってないからものすごく言葉をかむ。
ウンナンの内村さんなんかより全然かむ。
恐ろしくかむ。コンビニだとすげぇ早口で言えるのにー!!早く慣れないとなぁー。
22時からはいってるんだけど、遅い時間は変な客多いね。
①ボーイズラブ系の漫画描いてて(しかもトーンとか貼ってコミケに出す?ってくらい本格的なやつ)1時間以上居座る女の子
②3回くらい席を変える女性
③紙ふぶきでも作るの?ってくらい紙ナプキンをビリビリにしてる男性(これはけっこう多いかも)etc..
人間観察にはもってこいなバイトだなぁー。

ここのバイト、恐ろしく社内恋愛(ってバイトでもいうのかな?)が多いことが判明。お♪新しい出会いが訪れるか♪(なんていうと誰かからお咎めが・・・)
___________________________
未分類 トラックバック(0) | コメント(4)


ガチンコが漫画返しにくるの待ってる間に・・・。
2006/02/13 10:54 |
谷崎文学、「刺青SI-SEI」に続き、卍も映画化!すげぇ!
ここまできたら痴人の愛も映画化すればいいのにー。
この3作品全部昔映画になってるんだし。
個人的にはナオミを市川実和子にして(あの唇たまらん!)、ナオミが譲治さんに体毛を剃らせるシーン観たいね。エロスだよ。
あと、ナオミが大人の女になったあとのお馬さんごっことか(譲治さんが俺を馬にしてくれ、と懇願するやつ)やばくエロス。ナオミのSっぷりに鼻血。

映画化といえば私の好きな漫画家、魚喃(なななん)キリコさんの「Strawberry shortcakes」も。前に「BLUE」が市川実日子と小西真奈美という熱いキャストで映画化。今回は池脇千鶴、安藤政信、加瀬亮etc..絶対観なくちゃ。

___________________________
未分類 トラックバック(0) | コメント(1)


進化してないなぁ。
2006/02/13 10:14 |
夜勤の子に朝からパーマをミニクロワッサンとバカにされたよ。
そういうその子の尻毛(背毛?なんかちょうど背中とおしりの間がかがんだ時見えた)はモンゴロイドなのにさ!もぅ!
チョコせがまれたけど、絶対あげない。

___________________________
未分類 トラックバック(0) | コメント(0)


教えて、アルムの森の木よ。
2006/02/12 22:28 |
布団って粗大ごみですか??それとも普通に捨てていいの??
誰かおーしーえーてー。
あと、今まで使っていた収納ケースも(でかい、4つ)
早くいらないもの捨ててすっきりした部屋にしたいよ。
___________________________
未分類 トラックバック(0) | コメント(1)


ゲルマニウムの夜
2006/02/12 20:46 |
観てから何日経ってるんだって感じですね。すいません。
上野まで往復860円(たしか)映画鑑賞代2000円。つまり映画一作品のくせに約3000円かかった映画。しかし、それだけの価値がありました!!


人を殺し、自分の育った修道院兼教護院に戻ってきた朧。しかし彼はそこでもシスターを犯し、暴力を繰り返していた。彼はある日、モスカ神父に罪を告解するか・・・なんてな話。

感想・・・問題作といわれる意味がわかりました。原作自体がかなり神、宗教に対する冒涜。そして主演の新井浩文の演技力のすごさ!あの死んだ目は天才。また、映像も、色彩がとても少なく(本当に原色の世界、無駄な色排除)音楽もほとんど無い為、この重々しいテーマにあってました。(花村文学に染まっていないからいえるのかもしれないけど。)とにかく本当に衝撃的。内容も映像も、私的な邦画のよさを表したような作品。

劇場も、一角座というこの映画のためだけに作られたものなのですが、いすが一段一段高いうえに、画面がでかい!そして劇場自体は小さめなので居心地もすごくいい!素晴らしい劇場でした。

___________________________
映画 トラックバック(0) | コメント(2)


引っ越しました。
2006/02/12 18:33 |
前のブログのスキンに飽きたんですが、気に入るスキンがなかったからヤプログやめました。
今度はこっちでよろしく。
だからといってこのスキンを気に入っているかというと微妙な感じ。
とりあえずはこれにしとくけど、すぐに変えるかもー。
___________________________
未分類 トラックバック(0) | コメント(1)




| TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。