Top | RSS | Admin

2006.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2006.10



スポンサーサイト
--/--/-- --:-- |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
___________________________
スポンサー広告


ドライブ ア GOGO!!
2006/09/24 21:55 |
昨日2年メンバーでドライブしてきました
今日日記を書いているということは無事生還できたということです
おめでとう☆
ちなみに、井出家→茅ヶ崎→江ノ島→中華街でした
すごく楽しかったぁ♪♪
次はやっぱり実家巡りツアーしようよ?
ってかガチンが運転マジうまなので冬合宿までに大型免許を取らせてバスを運転させましょう
落研貸切バスなんて素敵じゃないですか?
スポンサーサイト
___________________________
未分類 トラックバック(0) | コメント(4)


番組表
2006/09/20 22:11 |
キョン&パト
こんな短い時間であんなクオリティ高い寄席文字書いてくれて本当にありがとう♪
みなさん、二人を見かけたら褒めてあげてください
本当にがんばってくれました

はいあがーる
みんなより仕事量少し多い上に寄席文字辞典を図書館で借りてまで仕事してくれてありがとう♪
みなさん、見かけたらご苦労様と言ってあげてください
本当に感謝しています


___________________________
未分類 トラックバック(0) | コメント(4)


雨と夢のあとに
2006/09/17 20:42 |
今日は広報女子で作戦会議
いやぁ、仕事分担は15分かからんくらいで後はおしゃべりー♪
4時間もなにしゃべってたんだろうね(笑
しかし、今回はキョンが参加できなかったのが残念・・
マジ課題終わったら女子会開くからみんなよろしくぅ!!飲もう!!
あと、仕事も大変だけど力あわせてGOだぁ!!

おいらの命の水、Beerがなくなりそうだ
あと2本
エビスはたんまりあるんだけど特別な日にしか飲みたくないのよ

あと、苦痛のバイトやめました
やっと籠からでれた気分です 自由に空を飛ぶぜ

そういや先週「トランスアメリカ」観たからいい気分になったらレビュー書きます



___________________________
未分類 トラックバック(0) | コメント(2)


いい日旅立ち・西へ
2006/09/13 08:18 |
落語おつかれさまでした
高評価して頂きましたこと、感謝しております
専大寄席も演者として、広報としてがんばっていこうと思います

二泊三日で名古屋・京都へ行きました
なんか食い倒れ旅行になりました
名古屋では、味噌煮込みうどん、きし麺、味噌カツ、モーニング小倉トースト、ひつまぶし、天むす...
京都では、都路里でパフェ、京きななできなこアイス、六盛茶庭でスフレ、京都駅では関西うどん、醤油味たこやき...
友達と半分こしたりして食べたのでいろんな種類が食べれて満足です!!
みんなおいしかったー
あとシャチホコも観にいったよ かわいかった♪

秋篠宮ご夫妻の息子さんの名前は「悠仁」となりまして
私の名前も同じ字が使われているのでこれから同じ名前の赤ちゃんとか増えるのかなぁなんて思うと嬉しかったり

___________________________
未分類 トラックバック(0) | コメント(5)


自らに出す課題
2006/09/07 22:02 |
今回フリーズしたら、3ヶ月禁酒します!!

・・・マジがんばる!!禁酒は死ぬから・・
___________________________
未分類 トラックバック(0) | コメント(2)


落語の日って午前中からですか??
2006/09/05 00:32 |
いろいろ精神的にも体力的に疲れていたので(バイトのせい)温泉に行きたくなり、ネットで検索して近かったよみうりランドにある「丘の湯」に行きました

600円であれは安いです
すごく気持ちよかった
ただでさえ一人暮らしだから毎日シャワーで済ませてしまうので、あんな広い湯船に浸かれて至福でした
ジェットバスの種類だ異常に多かったのも素敵
寝ながらジェットバスに浸かれるところがあってそこが最高でした

ゲルマニウム温浴があったのでやったら一滴も汗が出ない
元々新陳代謝超悪だから汗をかくにくいのですがこれはどうなの??
効果ないんじゃない??
というか生田のゲルマじゃ相応の汗が出て気持ちいいのに
丘の湯のゲルマはゲルマじゃないんじゃない??
あんま気持ちよくなかったしちょっと詐欺な気がした

それより100円のマッサージチェアの気持ちよさに感動
足が特に気持ちよかったー♪

身体も癒され、またがんばろうって気になりました


___________________________
未分類 トラックバック(0) | コメント(0)


UDON
2006/09/01 21:06 |
「踊る大走査線」シリーズの本広監督作品。
「サマータイムマシンブルース」がけっこう好きだったからけっこう期待してました。

20060901204817.jpg

「世界を笑わせてやる!」と一流コメディアンを夢見て単身NYに渡った松井香助が、返し切れないほどの借金を抱え、一度は捨てた故郷・香川に舞い戻ってくる。製麺所を営み、日々黙々とうどんを打ち続けるがんこ一徹な父親は「なにしに帰ってきた」とにべもない。それでも、親友・庄介の紹介でタウン情報誌「さぬき」に職を得た香助は、香川名物さぬきうどんのコラムを企画し、やがて空前のうどんブームが巻き起こるのだが…なんてな話

感想・・・うーん、おもしろいんだけどなぁ・・って感じ。無駄に話が長すぎたね。初めの完全お笑いテンションでいきたいんだったら、後半の話をなくすべきだし、後半の感動を生かしたいんだったら前半をもう少しコンパクトにしておかないと、前半の話のアクが濃いから後半が光らなくなる。私は話にありえねー的要素が多かったから(「サマータイムマシンブルース」的でよかった)前半を希望。無駄な感動はいらないし、後半のストーリーも好きではなかった。なんであのうどん屋だけが?って不平等さを感じたし、ほかにも納得のいかない点があった(ネタバレになるから書かないけど)それよりもブームが去った後に残るもは・・・で終わらせてほしかったね。
しかし、監督が監督なだけあって、すごい豪華な脇役が揃っている。脇役を観ているだけでも相当面白かったよ。
「踊る大走査線」がすきな人は好きかもなぁー(踊る大走査線に興味が無いから観てないもんでわからないけど)って感じな作品でした。
お勧めはしないけど、うどんは食べたくなりましたね。
___________________________
映画 トラックバック(0) | コメント(0)


ラフ ROUGH
2006/09/01 20:45 |
長澤まさみの隠れ巨乳を観たくて・・・
監督はあの「NANA」の大谷監督だから期待はしませんがね

20060901202839.jpg

ともに和菓子屋を営む宿敵同士の家で生まれた二ノ宮亜美と大和圭介。3代目にあたるふたりは、互いを仇として思うよう育てられてきた。しかし同じ高校で、亜美は高飛び込みの選手として、圭介は競泳の選手として同じプールで過ごすうち、互いに惹かれるようになっていく。が、実は亜美には、おさななじみで婚約者の仲西弘樹がいた。しかも競泳全日本チャンピオンの仲西は、圭介にとっても憧れの存在。そして迎えた日本選手権当日、若者たちの運命を悲劇が襲う…なんてな話

感想・・・原作を読んでいないんでどっちが悪いんだかわからないけど話自体は普通な感じ。ありがちといいますか、先が読めたね。しかし、水泳シーンはすごい。もこみちのフォームはすごくきれいだったし、撮り方とすごく観やすく、迫力も伝わってきた。しかし、もこみちはどうがんばっても高校生に見えない。キャスティングミスなのか?それとも設定を大学生にしておくべきだったのだろうか?
また、監督はすごい長澤まさみスキだというのがガンガンに伝わってくる。もこみちに比べ明らかに力入れてるのがバレバレ。しかし、その期待に長澤まさみは応えてました。完璧プロポーション!!足長い!!そしてはじめの方の長澤まさみのツンデレ具合は完璧。あれを長澤好きの男の子が観たらイチコロでしょう。
音楽も、スキマスイッチも合っていました。しかし、ラストの「ガラナ」はちょっと違う気も・・ラストはバラードがよかったなぁ。ガラナは挿入歌にしてほしかった。「奏」が流れたときはやばかったね。スキマの永遠の名曲じゃないかな?
完璧長澤に助けられてる映画だね。監督、普通過ぎ。良くも悪くもなしって感じだね。映画館で観なくてもいい作品だなぁ。
___________________________
映画 トラックバック(0) | コメント(0)


王と鳥
2006/09/01 20:25 |
随分前に観たのに書くのさぼってました

outotori

タキカルディ王国の王は、民衆から嫌われ、また民衆を嫌う孤独な暴君。楽しみは、秘密の部屋に飾られた、美しい羊飼い娘の絵を眺めることだった。羊飼い娘は、隣に飾られた絵の煙突掃除と愛し合っている。ある夜ふたりは、絵の中から逃げ出した。そこへもう一枚、王の肖像画から飛び出した暴君が、本物の王になり代わり、国を挙げて捜索を始める。一羽の鳥に導かれ逃げ続けるふたりに、王の追っ手が迫る・・・なんてな話

感想・・・宮崎アニメや高畑アニメの原点であるといわれている作品。1980年に造ったとは思えないような現代に通じる風刺はたしかに宮崎さんがものすごく影響を受けたんだなぁというのがわかります。ラピュタとか、カリオストロの城(←これはある意味パクリか?ってくらい似ていた)とかすごく似ている。ラストがハッピーエンドとして終わらないので見終わったあともすごく考えさせられましたね。悪いものをやっつけるだけじゃあ平和は訪れない、よくないと思っているものを壊したあとはどうなるのか、など今の日本の政治に訴えたくなるような作品でした


随分前に観たせいで記憶があいまいでなんかレビューがあまりかけない・・。けど、見る価値はあります。本当に考えさせられます。
___________________________
映画 トラックバック(0) | コメント(0)




| TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。