Top | RSS | Admin

2017.07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.09



スポンサーサイト
--/--/-- --:-- |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
___________________________
スポンサー広告


UDON
2006/09/01 21:06 |
「踊る大走査線」シリーズの本広監督作品。
「サマータイムマシンブルース」がけっこう好きだったからけっこう期待してました。

20060901204817.jpg

「世界を笑わせてやる!」と一流コメディアンを夢見て単身NYに渡った松井香助が、返し切れないほどの借金を抱え、一度は捨てた故郷・香川に舞い戻ってくる。製麺所を営み、日々黙々とうどんを打ち続けるがんこ一徹な父親は「なにしに帰ってきた」とにべもない。それでも、親友・庄介の紹介でタウン情報誌「さぬき」に職を得た香助は、香川名物さぬきうどんのコラムを企画し、やがて空前のうどんブームが巻き起こるのだが…なんてな話

感想・・・うーん、おもしろいんだけどなぁ・・って感じ。無駄に話が長すぎたね。初めの完全お笑いテンションでいきたいんだったら、後半の話をなくすべきだし、後半の感動を生かしたいんだったら前半をもう少しコンパクトにしておかないと、前半の話のアクが濃いから後半が光らなくなる。私は話にありえねー的要素が多かったから(「サマータイムマシンブルース」的でよかった)前半を希望。無駄な感動はいらないし、後半のストーリーも好きではなかった。なんであのうどん屋だけが?って不平等さを感じたし、ほかにも納得のいかない点があった(ネタバレになるから書かないけど)それよりもブームが去った後に残るもは・・・で終わらせてほしかったね。
しかし、監督が監督なだけあって、すごい豪華な脇役が揃っている。脇役を観ているだけでも相当面白かったよ。
「踊る大走査線」がすきな人は好きかもなぁー(踊る大走査線に興味が無いから観てないもんでわからないけど)って感じな作品でした。
お勧めはしないけど、うどんは食べたくなりましたね。
スポンサーサイト
___________________________
映画 トラックバック(0) | コメント(0)


<<落語の日って午前中からですか?? | ホーム | ラフ ROUGH>>
Comment
Comment ありがとう












管理者にだけシークレットコメントをおくる

Trackback
Trackback URL
→http://lafrance21.blog51.fc2.com/tb.php/136-d90287af
FC2blog user only


| TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。