Top | RSS | Admin

2017.05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.07



スポンサーサイト
--/--/-- --:-- |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
___________________________
スポンサー広告


ゲルマニウムの夜
2006/02/12 20:46 |
観てから何日経ってるんだって感じですね。すいません。
上野まで往復860円(たしか)映画鑑賞代2000円。つまり映画一作品のくせに約3000円かかった映画。しかし、それだけの価値がありました!!


人を殺し、自分の育った修道院兼教護院に戻ってきた朧。しかし彼はそこでもシスターを犯し、暴力を繰り返していた。彼はある日、モスカ神父に罪を告解するか・・・なんてな話。

感想・・・問題作といわれる意味がわかりました。原作自体がかなり神、宗教に対する冒涜。そして主演の新井浩文の演技力のすごさ!あの死んだ目は天才。また、映像も、色彩がとても少なく(本当に原色の世界、無駄な色排除)音楽もほとんど無い為、この重々しいテーマにあってました。(花村文学に染まっていないからいえるのかもしれないけど。)とにかく本当に衝撃的。内容も映像も、私的な邦画のよさを表したような作品。

劇場も、一角座というこの映画のためだけに作られたものなのですが、いすが一段一段高いうえに、画面がでかい!そして劇場自体は小さめなので居心地もすごくいい!素晴らしい劇場でした。

スポンサーサイト
___________________________
映画 トラックバック(0) | コメント(2)


<<教えて、アルムの森の木よ。 | ホーム | 引っ越しました。>>
Comment
--------------------------


「人を殺し、自分の育った修道院兼教護院に戻ってきた」ってところがニコラス・D・ウルフウッドみたいで素敵。
神、宗教に対する冒涜も大好き分野なので上野に行くときについでに行っとけば良かったな。
by: はーど 〔2006/02/12 23:34〕 URL [ 編集] |
--------------------------


3000円かあ。俺は同額でうに丼食ったっけ。
by: hige 〔2006/02/12 21:51〕 URL [ 編集] |
Comment ありがとう












管理者にだけシークレットコメントをおくる

Trackback
Trackback URL
→http://lafrance21.blog51.fc2.com/tb.php/2-b66c098a
FC2blog user only


| TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。